家族滞在 在留資格

家族滞在ビザ 大阪
家族滞在ビザ,大阪


「家族滞在」資格とは


認められる活動・期間


ポイント

家族滞在ビザ,大阪


会社案内


依頼するメリット


料金表


お問合せ

行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 家族滞在資格とは
家族滞在資格とは
■家族滞在資格とは
教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、文化活動、留学の在留資格で在留する者の扶養を受ける配偶者又は子が日本で生活するために必要な在留資格です。
就学、研修、短期滞在の在留資格で在留する者の扶養を受ける配偶者又は子は、対象外となっており、資格が与えられないことになっています。
■家族滞在資格に該当する者
・配偶者は、婚姻中の者で、離婚した者、内縁者はあてはまりません。夫または妻のいずれが扶養し、扶養されるかは問いません。

・子は、嫡出子、養子、認知された非嫡出子のことをいい、年令は問いません。配偶者の連れ子は、扶養をしていても養子縁組をしていなければ「家族滞在」に該当しません。

・扶養を受ける状態とは、生活費や監護・養育を受ける状態のことをいい、配偶者や子が一定の収入を得るようになった場合は、別の在留資格を取ることになります。

・親、兄弟姉妹に対しては、「家族滞在」の在留資格は付与されません。ただし、特別の事情(父母が老齢、病弱で、他に扶養したり世話する兄弟姉妹や近親者がいない場合等)がある場合には認められることがあります。
家族滞在ビザ 大阪